お家レストラン 「タイ料理パンガン」

profile

タイ国政府認定レストラン

タイ料理パンガンは2017年に静岡県西部初のタイセレクトの
認定をタイ国政府商務省より受けました。

ナッテッヤー・スチンダー商務公使より認定証書授与
女性公使ならではの気遣いと思いやりに感動。緊張の1日でした。

パンガンは南の島の素朴なお店を、そのまま持って来たようなお店です。
店内はゆったり、まったりした音楽が流れています。

料理はシェフである主人がオーダーを受けた後、一品一品
丁寧に調理しとても美味しく、尚且つ美しい盛り付けが自慢です。
私達は将来、南の島でコテージをやりたいと思っています。太陽と共に目覚め、
日中は旅人と語り、日没は神に感謝し、夜は音楽に囲まれ空には星が一杯。日本でやる事があって、まだ南の島には住めないので
その間、自分らしい生活を、と思いパンガンをオープンしました。
昔、20代の頃、インドのゴアの気の遠くなる暑さの中で、
茶屋の破れたTシャツを着たウェイターが私に
「マンゴジュース?パイナップルジュース?バナナジュース?」と、
語り掛けて来た時、何とも言えないその空間の中に
私は一瞬の時と、永遠の時を同時に垣間見てしまったのです。

その瞬間、私自身の魂が還るべき所が解ったのです。

それから長い年月、好きな仕事に打ち込み様々な人生体験をしてきましたが
あの初老のウェイターの眩しい目と、
ゆるやかな生き様に今でも魅了されています。

あの日から私の王国は、いつも沢山のヤシの木と
輝く光と、夜空一杯の星空で満たされています。

パンガンは、自分達ちの中のイマジネーションの一部を映し出したお店です。
最近は20代から80代まで性別問わず、お客様が来てくださり
嬉しく思っています。ありがとうございます。
2005年6月 内野千里